住み慣れた地域で暮らすために!介護予防に取り組もう

介護予防に取り組むために!

介護予防とは、「要介護状態の発生をできる限り防ぐ(遅らせる)こと、そして要介護状態にあってもその悪化をできる限り防ぐこと、さらには軽減を目指すこと」ですよね。高齢者の健康維持・増進を図るとともに、自宅でも介護予防に取り組めるよう、看護大学が開発した体操があるんですよ。このプログラムは、「転倒予防体操」「尿失禁予防」「ウォーキング向上」など、さまざまな目的に応じたメニューから構成されていて、参加する人の状態に応じた内容で取り組めますよ。

介護予防体操の実践!

介護予防に取り組むための体操を実践しているのが、健康運動教室なんですよね。ここでは、看護師が健康チェックを行うようにしてから、その後、市で養成された運動指導員による運動指導を行っているんですよ。市の主催で、老人福祉センターや体育館などの会場で実施しているんですね。また、各地域の公民館や集会所などでの会場では、自治会や老人クラブなどが主体となって、約週1回の頻度で取り組まれているということなんですよ。

介護予防を心がけよう!

高齢になっても、いつまでも住み慣れた地域で、生き生きと暮らしたいものですよね。そのためには、一人ひとりが介護予防を心がけるようにすることが、とても大切になってきますよね。だからこそ、近くの健康教室に足を運んでみるとよいでしょう。人と触れ合うことにより、孤独感が癒され、楽しみができ、閉じこもり防止にもつながりますよ。健康教室は仲間づくりの場でもあり、また、お互いの見守り活動の場にもなっているんですよね。

介護の派遣は短時間や夜勤のみなど自分の働きたい方法で仕事が選べるので、情報サイトなどを活用して探してみると良いでしょう。