保育園だけじゃない、保育士の求人いろいろ

保育士と幼稚園の先生の違い

保育士とは「保育所・児童養護施設等の児童福祉施設で、保護者に代わって子供の保育をする子育ての専門家」です。厚生労働省管轄で児童福祉法に基づいて仕事をします。幼稚園の先生と保育士を同じに考えている方もいるかも知れませんが、幼稚園の先生は文部省管轄で幼稚園は学校教育法に基づいて教育を行う場なのです。保育園でアルバイトや臨時で補助として働くためには実は必ずしも保育士の資格はいらないのですが、保育士資格を持っている職員がいないと施設運営ができないのでやっぱり必要な資格なのです。

保育士として働く場所

保育士と言ってまず思い浮かぶのは保育園です。でも保育士の仕事はそこだけではありません。乳児院や児童養護施設、各障害児施設、母子生活支援施設、児童館、児童相談所や病院の院内保育施設の求人もあります。認可保育園以外の無認可保育園で働く保育士もいます。ベビーシッターを雇う時に保育士の資格がある方と明記されている場合もあります。保育の専門家で国家資格ですから、資格があると無いとでは預ける親御さんの安心感も違ってきますよね。

保育士の仕事内容って

では具体的に保育士の仕事とは何か、簡単に言えば子供の世話全般です。身のまわりの世話や基本的な生活習慣を身につけさせたり、集団生活で社会性を培ったり、心身ともに健康に育つお手伝いをする、子供の保護者への連絡やサポート、地域との連携作業等があります。保育士に必要なのは体力と忍耐力です。子供が好き、というだけでは続けるのは厳しいかも知れません。でも子供の成長を間近で見られる喜びを感じられる職業とも言えるでしょう。

共働き世帯が増え、保育園利用者が増える一方で、多くの地域では保育士不足が問題となっています。そのため、さまざまな希望に対応した保育園の求人が出され、自分にあった職場を見つけることが可能となっています。