子供も一人の人間だから一人一人性格が違う

人見知りの子供の相手もしています

保育士をしていると、いろいろな子供に出会うことができます。人見知りの子供には、保育士みんなで声をかけて子供のこころをひらくことが重要になってきます。人見知りの子供はみんな、自分から声をかけることができないので、そういったフォローが必要になってきます。遊ぶときも自分からお友達の中に入っていけないので、保育士が一緒にお友達の中に入れてあげなくてはいけないのです。他の子供と遊んでいる時にも常に人見知りの子供が気になっています。

いたずらが大好きな子供

イタズラが大好きな子供もいますが、これは自己アピールの一つの手段です。イタズラをすることが好きな子供は、みんな自分自身のことをアピールしているだけです。自分をもっと見て欲しいや一緒に遊んで欲しいといった気持ちが態度にでているのです。イタズラが大好きな子供には保育士はときには怒ることも必要です。怒るときも感情的になって怒るのではなく、なんで怒っているかをしっかりと教えなくてはいけないのです。自分の気持ちを相手に伝える方法が分からなくてイタズラをしています。

いろいろな子供に出会うことができる

人見知りやイタズラが大好きな子供など、いろいろな子供に出会うことができる仕事が保育士です。保育士は子供のしつけをする大切な役割をしています。いろいろな性格の子供の相手をするには、体力と精神力が必要になってきます。保育士は子供達の成長を見ながら仕事をしているので、一人一人の個性を見る力も大切になってきます。また、保育士同士のコミュニケーションも保育の現場では、必須条件になってきます。子供達の年齢は、0歳からなので大変ですが子供達の成長を見ていると楽しさも感じることができる仕事です。

保育士の求人なら東京の保育求人が豊富に掲載されているサイトを活用してみると条件別に調べることが出来ます。